Blog

TPMとCMMSの関係

TPM(Total Productive Maintenance)とは?

生産システム上に存在するあらゆるロスをゼロにすることで、継続的に生産性向上、収益の確保を実現する活動である。これを生産効率の極限追求ともいいます。米国から導入した生産性や経済性を高めるための生産保全(Productive Maintenance)の概念を日本独自に拡張させ、全社規模で展開する生産革新活動として進化した。多くの書籍では「全員参加の生産保全」と称されており、正式にはTotal Productive Maintenanceと表記される。

だだし現在のTPMによる革新は、製造現場の効率化だけに留まらず、「企業の継続的繁栄の基礎条件を確立する」を期待されており、TPMそのものが「新しい経営モデルを構築する手段」として進化しており、Total Productive Managementと拡張して解釈すべき側面が多くなっている。

TPMの特徴は、ものづくりのあるべき姿(ロス・ゼロなど)への改善アプローチを「人」「設備資産」に着目していること、成果を出し続ける仕組みを現場・現物・現実で構築することにある。TPM活動を実践するプロセスで「人が変わる・設備資産が変わる」、そしてその成果を出し続けるように「職場が変わる・工場が変わる・企業が変わる」ということである。設備保全管理システム CMMSとは

CMMS(Computerized Maintenance Management System)とは?

カレンダーやメーターを使った予防保全のスケジューリングを自動化し、プロセスや手順を合理化し、ワークフローを最適化するソフトウェアです。メンテナンスの専門家は、プラントや設備のメンテナンスを計画、管理、改善し、オペレーションを標準化するために設備保全管理システム(CMMS)ソフトウェアを使用しています。設備保全管理システム(CMMS)ソフトウェアを最大限に活用すれば、機器の寿命を延ばし、全体的なコストを削減し、設備資産の信頼性と生産性を向上させることができます。設備保全管理システム(CMMS)ソフトウェアを使用すると、数え切れないほどのメリットがあります。ここではその一部をご紹介します。

続きはこちら

イーメイト導入の手引はこちら

イーメイト記事ページに戻る

製品ページに戻る

プルーフテクニック-設備診断事業部総合カタログはこちら-PDFの表示


Email Marketing by Benchmark