News

Vol. 24 プルーフテクニック製品の校正と点検のススメ!

Vol. 24 プルーフテクニック製品の校正と点検のススメ!

「メルマガ Vol. 24」

プルーフテクニック製品の校正と点検のススメ!

プルーフテクニック株式会社

配信日:2020年8月3日

💥その測定器、点検と校正、受けていますか?💥

プルーフテクニック製品のシールを今すぐチェック❗

≪プルーフテクニック製品の点検・校正のススメ≫

プルーフテクニックの製品には、
それぞれ推奨の点検・校正時期があります。

 プルーフテクニックの製品は、点検シールの色や数字で点検・校正年月が管理されています。点検・校正の対象機器にはすべてシールが貼付されていて、その時期がひと目でわかるようになっています。

キャリブレーション(校正)はトレーサビリティがとれた指定された計測器を使用して実施します。特にレーザーアライメント装置は、光学系の確認をして必要に応じた調整を行います。

振動測定(CM)装置と渦流探傷装置は、点検のみでOKです。調整は特に必要ありません。

 設備診断事業部のレーザーアライメント/CM製品は、2年1回のキャリブレーション(校正)を推奨しています。

 非破壊検査事業部の渦流探傷器は、1年に1回の点検を推奨しています。

点検と校正のお見積依頼、ご相談はコチラのお問い合わせフォームへ!

非破壊検査事業部の渦流探傷器で2020年に点検を実施した装置は
赤色シールから緑色シールになっています

    その他の資料のご請求、お電話・メールでのお問い合わせはこちらまで

設備診断事業部

プルーフテクニック株式会社

〒240-0006 神奈川県横浜市保土ケ谷区星川3-3-29 星川三丁目ビル
TEL:045-444-8812 FAX:045-444-8813
Japan@prufttechnik.com

https://プルーフテクニック.jp/

発行元 運営組織 配信チーム

プルーフテクニック株式会社
〒240-0006 神奈川県横浜市保土ヶ谷区星川3-3-29 星川三丁目ビル
TEL:045-444-8812 FAX:045-444-8813
Email:Japan@pruftechnik.com

https://プルーフテクニック.jp/

Leave a comment

最新情報をメールマガジンでお届けします