Blog

【アダプティブアライメント】“止めない予知保全”へつなげる適応力

【アダプティブアライメント】“止めない予知保全”へつなげる適応力

レーザー軸芯出し器で“止めない予知保全”へつなげる

ロータライン タッチ

ゴム・プラスチック製造 混練機での使用例

レーザー軸芯出し器の「アダプティブアライメント(適応力)」

混練機(ニーダー)は、ゴムやプラスチック製造で混合工程のポイントとなる装置です。

混合工程で最も重要なことは、配合したそれぞれの物質を原料の中に均一に分散させることです。そのため混錬機の運転条件設定はもちろん、モータから減速機、回転ロータ羽根に至る精密な軸芯出し調整が重要です。

そしてそれは「より均一に、より高速で、効率よく安定した混合工程を維持、継続する」ための予知保全へつながります。

レーザー軸芯出し器「ロータライン タッチ」は、モーター+ギアボックス+ロータ―軸を一体の“マシントレイン”として理想的な精密アライメント調整を実現。

ここでもプルーフテクニックのレーザー軸芯出し器だけが持つ「アダプティブアライメント(適応力)」が活かされています。

ロータライン タッチ マシントレインも長い距離でも大型機器でも大活躍

お客様の興味・関心を教えてください

いま、みなさんの興味や課題、関心はなんでしょうか?是非お聞かせください。
「お客様の声 – Voice of the Customer(VOC)」にお応えする企画を発信してまいります。


Email Marketing by Benchmark