News

XIRIS 溶接トーチモニターカメラ 肉厚パイプのサブアーク溶接監視

カナダXIRIS(ザイリス)ザイリスシームモニターシステムは、トーチチップ、溶接シーム幅、トーチチップの状態に相対する溶接シームの位置合わせを確実に測定するために開発された検査システムです。加えて、システムは、溶接アークとその周辺部をひときわクリアなイメージでオペレータに伝えます。トーチと溶接シームの位置もモニターして数値化をします。社が誇る最新カメラとソフトウェアにより溶接状態を数値化、可視化します。

厚肉パイプを溶接する場合、サブマージアーク溶接が通常使用されます。これは、大量の材料を溶接領域にすばやく供給するためです。   オペレーターは、溶接を開始する前、および溶接プロセス中に継続的に、溶接トーチがシームと揃っていることを確認する必要があります。 ただし、パイプ径が大きい場合、目視により確認は困難な場合があります。 ザイリス XVC-Sカメラを取り付けてサブアーク溶接をキャプチャし、オペレーターが溶接ジョイントとトーチを安全な位置から見ることができるようにすることができます。  

ダウンロードはこちらから

最新情報をメールマガジンでお届けします