「レバラインエキスパート」高精度トランシット
「LEVALIGN-expert」

レバラインエキスパートはジオメトリックアライメントのユーティリティープレーヤーともいえる、水平度測定、平面度測定、真直度測定、直角度測定などマルチに活躍するレーザーアライメントシステムです。

レーザーは直進性が高い最大100 mの測定レンジを持つ高出力レーザーです。その直進性を生かしての真直度測定はもちろんのこと、水平・垂直の2方向へ直角にレーザーを発射できるので直角度測定も可能。
レーザーヘッドを電動で回転させれば、レーザーヘッドを中心に最大直径200 m の円形平面を描くこともできます。それにより非常に広範な平面度測定を可能にします。
また、回転式レーザーヘッドは自動セルフレベリング機構付きなので、デバイス本体・設置面の傾きに関係なく常に水平を自動で保つこともできます。セルフレベリング機能により水平度、鉛直度の測定を可能にします。
これらのレーザー本体の機能に加えてリモートオペレーションアプリによる操作が可能なので、測定作業はワンマンオペレーションが可能になりました。
また、レーザーは縦置きでも横置きでも使用可能、ヘッドの回転平面を水平方向にも垂直方向にも設けることができます。それにより例えば、風力発電のタワーのフランジ面や熱交換器のフランジ面など、垂直方向の平面度を測定するという場合も対応可能です。

使用できるセンサーは2種類。レバラインエキスパートセンサーは、70mmの大型受光面を持ちストレスなく測定作業がスムーズに進みます。センサライン 7 センサーにも対応。ロータライン タッチでシャフトアライメントをご使用の場合にも手軽に拡張することができます。どちらのセンサーもBluetooth内蔵なので、ジオメトリックアライメント専用PCソフトウェア「ジオセンター」との組合せでもワイヤレスで連動させられます。

レバラインエキスパートならばあらゆるジオメトリックアライメントタスクで最大限の高精度測定が可能になります。例えばフロアの平面度測定、テストベンチの基礎の平面度測定、プレス機のプレス面の平面度および両方のプレス面の面平行度の測定など広範な対応力を持っています。



Description



 


ジオメトリックアライメントの作業が大幅にシンプルになります。
・ジオセンターひとつあれば、真直度・平面度・傾斜度・平行度などのジオメトリックアライメントに対応
・セッティング・測定・結果表示まですべての機能はBluetoothワイヤレス接続で直接ノートパソコンでハンドリング
・あらゆるジオメトリックアライメントデバイスとの連携が可能
・リモコンを使えばワンマンオペレーションを実現
・ユーザーフレンドリーな直観的オペレーション
・4種類の真直度測定モードを標準装備:ライン、ボア、スピンドル、スピンドル&ボア
・ソフトウェアのアップデートは無償です
・ハードウェアとの組合せパッケージのラインナップは多彩です

用途例:
・さまざまな機械表面、レール、ガイド、ボアの真直度
・さまざまな機械表面、テーブル、基礎(マシンベース)の平面度
・機械の半体の水平度
・垂直シャフトまたは機械表面の鉛直度
・機械表面の面平行度
・2つの機械の平面度比較またはコンポーネントの直角度 など





販売機種

ジオ レバライン(GEO Levalign)
ジオセンターソフトウェアとのセット

ジオ レバラインの標準備品はこちらPDFの表示


レバラインエキスパートのチラシはこちら-PDFの表示

レバラインエキスパートのカタログはこちら-PDFの表示

高精度トランシットの実例資料

詳しくはNEWS-HowToアライメント,

 

HowTo HoToジオメトリック測定-youtube動画

HowTo レーザーシャフトアライメント(軸芯出し)装置-youtube動画

デモ機保有!!インラインデモンストレーション対応いたします。