振動常時監視システム
バイブロネットシグナルマスター
ATEX欧州防爆対応ー150チャンネル拡張可能
「VIBRONET-Signalmaster」

バイブロネット シグナルマスターの特長

振動解析士不要(解析サービスに対応)

▶ ICP、電圧、電流、入力に対応

▶ ATEX欧州防爆対応

最大150チャネル拡張可能(モジュールごとで1chから対応)

1600メートルのエリアをカバー

Webベースのリアルタイム表示対応

安心のケーブル接続


プルーフテクニック株式会社が提供するRCM専用のデバイスです。

大規模工場の大動脈の監視に最適です。

プルーフテクニックの経験豊富な技術者がリアルタイムに解析をいたします。

 

 



Description




バイブロネット シグナルマスターを導入する利点

  • 9チャンネルごとのモジュール単位で追加可能

    最大150チャンネルまで振動測定可能。モジュールを入れ替えることにより、温度や近接センサー等の電圧、電流入力に対応​

  • アナログデータの同時取込み

    PLC等のシステムより、​アナログデータを同時に取込み可能

  • いつでもデータの取得が可能

    アラームトリガー方式により、必要なデータを必要な時に取得

  • データベースを自社サーバーでも管理可能。もちろん弊社サーバーでの管理も可能。

解析をサポートいたします。


振動測定オンライン古い方法

振動測定オンラインデータ取得方法

 

 


実績

化学メーカー様で10年の実績。80測定点。

錠剤の製品搬送のため、空気コンベア搬送を工場の全域で採用。空気コンベアは工場製品搬送の要となっている。使用しているポンプは小型であり、比較的安価であり、消耗品部品も安定的に準備可能。ただし、突発の故障は工場全体の停止を招くため、弊社のオンラインを採用。

監視方法

  1. すべてのベアリングにセンサーを接着取り付け。
  2. ポンプのベアリングをショックパルス方にて監視。
  3. ショックパルスのカーペットが閾値を超えるとアラーム発生し、オイル注入対応
  4. ベアリングへの3回オイルアップ後に次回の定期修繕にて交換対応。
  • 化学繊維メーカー様で2年前から採用

合成繊維のメインの設備に導入。初年度は、1ラインのみ9チャンネルでスタート。導入後から、ベアリング交換はすべて振動測定にてエラーが発生した時のみ実施。以前は、時間管理で定期的に交換してきたベアリングは、導入後から、交換は0個。設備も問題なく稼働中。

2020年に更に9チャンネル追加を実施。今後、毎年、拡張を予定。

監視方法

  1. ベアリングにセンサーを接着取り付け
  2. ポンプのベアリングをショックパルス方にて監視。

設備の老朽化に伴い、あらゆる業界で予知保全の考え方が広まって来ています。
日頃から装置の状態を把握する事は、設備の突発的な停止を防ぐだけでなく、修理部品在庫の適正化、設備の延命化の為に無くてはならない条件です。

既に振動測定を実施しているお客様でも

  • 明確に原因が分からない

  • 難しい回転機器の為振動測定機器が付けられていない

  • 回転数が遅いため、解析ができないといわれた

  • 施工が難しいためワイヤレスが欲しい

そんな悩みを解決いたします。


振動測定で予知できるトラブル

    • ファンのアンバランス及び調整

    • カップリングの軸芯ずれ

    • ベアリングの破損

    • ギアボックス

    • 駆動ベルトのずれ

    • 機械据え付け・取り付けのガタ

    • シャフトの曲がり・バランス不良

    • モーターの破損

    • 他の振動メーカーに対応できないといわれた


バイブロネットシグナルマスターのカタログ


「ビブガード 振動測定装置 仕様」

パラメーターシステムモジュールVIB5.902仕様
入力・出力仕様アナログ入力6チャンネル または12チャンネル終端信号
アナログ入力範囲±10V、+1V、±100mV、±10mV
エンベロープ解析デジタルフルータを選択可能
タコ入力2,TTL(アクティブロー)
キーフェザー入力TTL(アクティブロー)
デジタル入力4、入力TTL
デジタル出力4、出力:5V、5mA
タコ入力2,TTL(アクティブロー)
インサーネットデータレート 10 MB
シリアルインターフェースRS232 2、データレート38.4 kbit
ラムメモリー8 MB(最大20 MB)
測定項目時間波形、スペクトラム、エンベロープ、ショックパルス、加速度(RMS)、速度(ピーク、RMS)
測定ダイナミックレンジ96 dB / 16 bit
サンプリング周波数範囲 48 kHzから48 Hzを11の範囲
サンプルレート153.6 / 76.8 / 38.4 / 19.2 / 9.6 kHz
周波数解像度 400、800、1600、3200、6400、12800 ライン
一般情報環境温度-20°C~+70°C (システムモジュール)

-20°C ~ +60°C (保護ハウジング内のシステムモジュール)

システム供給24±6 VDC / 0.25 A
メモリーフラッシュ:2 GB、RAM:256
ハウジング素材アルミニウム
重さ約0.7kg(システムモジュール)

約 3.5 kg (保護ハウジング内のシステムモジュール)

保護等級IP20(システムモジュール)

IP 65(保護ハウジング内のシステムモジュール)


 


振動測定の基本原理はこちらから