「ロータラインタッチ」レーザー軸芯出し装置
「ROTALIGN®TOUCH」

ロータラインタッチは、⾼精度の測定と測定タスクをクラウドデータに接続して管理できる世界初のアライメント装置です。 独自のセンサライン7レーザーおよびセンサーを備えており、カルダンシャフトの調整や最大6つの連続したカップリングの連続調整など、専門家による⾼度な調整作業に至るまで、毎日の幅広い調整のルーチンを提供します。レーザー軸芯出しの最上位機種です。

シングルレーザーテクノロジーは、最も過酷な条件や要求の厳しい作業でも、無敵の精度を実現します。 ロータラインタッチは、問題を可能な限り簡単に解決するために、世界をリードするアライメントのエキスパートによって設計されました。 直感的に操作できるユーザーインターフェイスは、操作する人を選びません。ユーザーは、シャフトの芯出し工程の3つのステップ(寸法、測定、結果)を実⾏するだけで済みます。

導入のメリット

  • アドバンス機能により様々なシャフトアライメントの状況に対応
  • アダプティブアライメントで時間と無駄な労力を節約
  • 設備資産の可視化を加速する最強の通信オプション



Description



 



用途

・全てのサイズの回転装置のシャフトアライメント(軸芯出し)

・全ての設置方向に対応(横型・縦型機器、フランジ固定機器)

 小型回転機器の軸芯出し:ポンプ+モーター、ギアボックス、コンプレッサー、マシニングセンターなど。

 中大型回転機器の軸芯出し:冷却塔ファン、ガスタービン、蒸気タービン、圧延機、船舶エンジンやギア、プロペラシャフト、風力タービンなど。


標準機能

ソフトフットの測定と調整指示、目標値、許容値、熱膨張値の設定、多様なカップリング選択、受光レンジ拡大(インフィニレンジ) マシントレイン、横型・縦型機械の芯出し、環境振動計測

・最高難度のシャフトアライメント対応のインテリジェント測定モードと品質評価機能搭載:イレギュラーな振動や測定時回転のスタック、バックラッシュなどに対応。
・7軸センサー:測定中のセンサー位置・角度をリアル監視し、エラーを自動排除。最高精密な測定を実現。
・クラウドサーバーとのデータ接続を実現。芯出しデータ管理、作業指示、現場からの報告をすべてオンラインで実現。※オプション


お客様の声

 


アライメントの応用に関して:技術資料-DOC_99-404__JP

アライメントの応用に関して-ロータラインタッチ:技術資料-4_DOC-50.401_JP

参考動画

HowTo レーザーシャフトアライメント(軸芯出し)装置-youtube動画https://www.youtube.com/playlist?list=PLIvMrGMtqc8OHycYgu03s7NcZTMH9jS1Z

 


デモ機保有!!インラインデモンストレーション対応いたします。

 

 

Additional information

業界