「イーメイト」記事

2022年4月25日

TPMとCMMSの関係性はなんでしょうか?

まずはじめに、TPM(Total Productive Maintenance)とは?

詳しく読む


イーメイト在庫管理ソフトウェアがサプライチェーンの問題を緩和する方法 

2022年3月3日

在庫管理ソフトウェアの役割

在庫を最適化することは以前より難しいかもしれませんが、役立つツールがいくつかあります。 手元にあるもの、量、すべてがリアルタイムでどこにあるかを知っている組織は、今日の当て推量の一部を排除する意思決定と判断の呼び出しを行うことができます。 正確な予測と予測は、組織がニーズを満たすためにどこでどのように支出するかを決定するのに役立ちます。

これらすべての混乱の前でさえ、在庫を最適化することは、すべてのアイテムについて多くの要因を考慮に入れることを意味しました:

  • リードタイム
  • 消費率
  • 貯蔵寿命
  • ストレージコスト
  • 部品を持たないことの潜在的なコストと結果

詳しく読む


CMMSを使用して規制コンプライアンスを実証および維持する

2022年3月3日

CMMSを使用して規制コンプライアンスを実証および維持する

詳しく読む


2022年3月3日

プルーフテクニックの設備保全管理システム(CMMS)イーメイト(eMaint)の導入の手引をアップしました。

詳しく読む


 

2021年11月10日

プルーフテクニックの設備保全管理システム(CMMS)イーメイト(eMaint)は、TPMと最高にマッチします。

詳しく読む

2021年10月18日

イーメイト(eMaint)導入の時に必ず議題に上がり、下記の検討事項についてまとめました。

  1. 「オンプレ VS クラウド」の比較
  2. オンプレミスとクラウドの「セキュリティ」について
  3. 「サブスクリプション」のメリットとデメリット

詳しく読む


2021年10月18日

プルーフテクニックの設備保全管理システム(CMMS)イーメイト(eMaint)は、クラウドのみ選択が可能です。

導入の時に必ず、議題に上がり、決定に時間がかかる「自社サーバー(オンプレミス)とクラウド」のどちらを選択するかが今回の議題です。設備保全管理システムに特化して説明いたします。

詳しく読む


2021年10月18日

プルーフテクニックの設備保全管理システム(CMMS)イーメイト(eMaint)は、クラウドのみ選択が可能です。

導入の時に必ず、議題に上がり、決定に時間がかかる「クラウドシステムのセキュリティ」が今回の議題です。設備保全管理システムに特化して説明いたします。

詳しく読む


2021年10月18日

プルーフテクニックの設備保全管理システム(CMMS)イーメイト(eMaint)は、クラウドのみ選択が可能です。

導入の時に必ず、議題に上がる「サブスクリプション」についてです。設備保全管理システムに特化して説明いたします。

詳しく読む


2021年9月28日

設備保全管理システム・ソフトウェア「イーメイト」の ROI(Return on Investment)=投資利益率とは?

設備保全管理システム(CMMS)とは、Computerized Maintenance Management System (CMMS)の略。カレンダーやメーターを使った予防保全のスケジューリングを自動化し、プロセスや手順を合理化し、ワークフローを最適化するソフトウェアです。これを導入することによりどのくらい節約、作業効率が図れるのか確認してみましょう。

詳しく読む


 

2021年6月18日

ハッカーによる企業ネットワークへの被害は拡大の一途をたどっており、製造業は世界で最も被害を受けやすい産業の一つと考えられています。製造業は世界で最も悪用されやすい産業の一つと考えられています。

詳しく読む


より良い明日のために、より良い今日を計画するために
イーメイトを使う

2021年5月21日

設備保全管理システムCMMS(Computerized Maintenance Management System)であるeMaintは、予防保全のスケジューリングの自動化、プロセスの合理化、ワークフローの最適化、複数拠点でのオペレーションの標準化、さらにはペーパーレス化を実現します。

2021年5月18日

設備保全管理システムCMMSとは、Computerized Maintenance Management System (CMMS)の略。カレンダーやメーターを使った予防保全のスケジューリングを自動化し、プロセスや手順を合理化し、ワークフローを最適化するソフトウェアです。

詳しく読む

ワシントン州エバレットにあるフルーク・コーポレーション本社の設備プロジェクト・マネージャー、ロン・プラットは、入社40年目を迎えようとしている。彼の設備メンテナンスの役割は、新しい従業員のオフィス設定から、ビルや工場の100万ドル規模の再構成までのプロジェクトを管理することです。

詳しく読む

適切に設定されたコンピュータ化された設備保全管理システム(CMMS)のダッシュボードは、業務に驚くほど強い影響を与え、効率を高め、最終的には利益を向上させることができます。適切に計画・整理されたデータダッシュボードは、オペレーションの最も重要な側面に焦点を当て、状況を簡潔かつリアルタイムに把握することができます。

詳しく読む


CMMSソフトウェアによるペーパーレス化

2021年3月31日

紛失した紙文書を探したり、再現したりすることは、企業にとって大きなコストになります。調査会社インターナショナル・データ・コーポレーションによると、従業員1,000人規模の企業では、このような作業に年間約250万ドルから350万ドルを費やしています。

コンピュータ化された設備保全管理システム(CMMS)ソフトウェアは、保守活動の標準化と自動化を支援するだけでなく、ペーパーレス職場への移行を促進するデジタルプラットフォームを提供します。

詳しく読む


アセット・クリティカリティ・アセスメントとは、重要設備の数値化評価のことです。大規模な設備資産の故障は、生産活動だけに影響を与えるものではありません。重要度によっては、ビジネス全体を危険にさらすことにもなりかねません。コストのかかるダウンタイム、安全性や環境への影響など、その波及効果は悲惨なものになる可能性があります。アセットクリティカリティアセスメントは、企業の資産をランク付けして優先順位をつけ、オペレーショナルリスクを明らかにするためのものです。このような評価を一度も行ったことがない企業や、製造や生産のために老朽化した機器に大きく依存している企業は、今こそ評価を行うべきかもしれません。

詳しく読む


Email Marketing by Benchmark