非破検査装置

渦流(渦電流)探傷の原理

(ET=EDDY Current)

交流を流したコイルを導体(試験体)に近づけると、コイルの周囲に生じた磁界(磁束で示します)が導体に作用します。導体(試験体)は、電気が流れる物体。金属、磁性、非磁性は関係ありません。

コイルの磁界が交流であることから、導体を貫く磁束の向きと数が時間的に変化します。
この時導体には導体を貫く磁束変化を妨げる起電力が生じます。この電流をその形から渦電流(渦流)と呼んでいます。

NDT-EDDYCURENT

サンプル試験無料対応。

サンプルの作成方法も相談に乗ります。

半製品、部品のインライン渦流探傷装置

線材の実績:銅線、ステンレス材、ばね材、金、銀、その他の材料

パイプの実績:ステンレス材、銅パイプ、ダブルウォールパイプ、燃料パイプ、チタンパイプ、アルミパイプ、鉄材、その他の材料

棒材の実績:シャフト、その他の棒材

検出可能なキズの種類

ヘゲ、被さりキズ、凹み、割れキズ、搬送キズ

深さ:0.04㎜(条件により)