Blog

カルダンシャフトアライメント:小スペース「ロータラインタッチ」

カルダンシャフトアライメント:小スペース「ロータラインタッチ」

ドライブトレインのライブトレンド

ドイツのヴィルンスドルフにある自社工場で道路標示用の特殊機械を製造しています。
トラックには特別な設備も装備され、顧客の要件に応じて装備されます。そのトラックには、極小スペースにカルダンシャフトがあります。

ドイツの特殊トラック
運転台を持ち上げたウニモグのプラットフォーム。高圧ポンプが後方に見える(黄色のハウジング)

この会社が所有するトラック「ウニモグ」には、Hammelmann 製の高圧ウォーター ポンプを備えています。
高圧ウェーターポンプにより、高度に特殊化された噴霧ツールを周遊しています。このポンプによって生成された最大 2500 バールの水圧は、空港の滑走路からゴムの摩耗を取り除き、道路表面に定義された牽引力を確立し、または道路標識を除去するために使用されます。

カルダンシャフト
カルダンシャフトのアライメント:偏向角 β1= β2

カルダン シャフトは、ギアボックス出力側の高圧ポンプに導かれます。 このシャフトは、速度に応じて高圧ポンプを駆動します。


カルダン シャフトは、最小限の角度オフセットのみを吸収する必要があります。 偏向角βは、カルダンシャフトの両方のユニバーサルジョイントで同じでなければなりません。

ギアボックスの出力軸にセットアップします。 レーザーは、測定値を記録するようにすでにセットアップされています。高圧ポンプの受信機。
センサーヘッドは回転ブラケットに取り付けられています。角度誤差のみが測定されます。
補助ドライブ用ギアボックスの出力側。窮屈な状況がはっきりと見えます。

カルダン シャフトの測定には 2 つの方法があります。
1 つはカルダン シャフトを分解した状態、もう 1 つはカルダン シャフトをばらさないまま測定する方法です。


最初の測定チェックでは、カルダン シャフトの回転ブラケットを取り付けて回転させることができない空間条件のため、カルダン シャフトを所定の位置に置いた状態での測定は不可能であることが示されました。
したがって、カルダン シャフトの分解を伴う測定手順は、利用可能な唯一のオプションでした。 この構成でのカルダン シャフトの取り外しは非常に迅速に行われます。Winter-Grün の設計段階では、複数のコンポーネントを簡単に分解できる可能性が考慮されました。

片側の回転ブラケットに取り付けられたレーザーと反対側のモーターシャフトのセンサーを示す
カルダンシャフト測定の標準的な図。
ホルダー付きレーザー、レシーバーの反対側、モーターシャフトに取り付けられています。

レーザーはギアボックス出力側の中央に配置されています。
この点で、レーザーが90°の測定角度をマッピングできるように、レーザーはアセンブリの隙間に正確に配置する必要があります。
回転範囲を小さくすることも可能ですが、これにより測定の精度が著しく損なわれます。
プルーフテクニックが特許を取得したインテリポイント測定手順は、
測定を行うために使用されます。
この場合、レーザーとレシーバー (センサー) を向かい合わせに取り付けることはできません。 追加のポインターを備えた角度表示は、センサーの合同を示し、相対的な角度差が常に同じであるかどうかもチェックします。

測定結果の概要。 最大アライメント誤差は 0.2° です。 ユニットは指定された公差内にあります。

潜在的な測定エラーを排除するために、すべての測定が繰り返されます。 測定値は、測定テーブルを使用して相互に比較されます。 測定値は、品質分析によって潜在的な不一致がないかチェックされます。


結論:
プロジェクトの発起人は、この結果に満足しています。

この測定手順を使用すると、潜在的なエラーや身体への過度の負担を現場で非常に簡単な方法で測定することが非常に簡単になります。
その後の修正も可能です。 現在、大型トラックや新しいアプリケーションを含む、さらに要求の厳しいプロジェクトに焦点が移っています。



「今まで聞いたことがないことをしたいときは、今までにない新しいことをする必要があります。」

振動測定解析のデモのご相談や活用法など、お問い合わせはこちらへ。
*Web商談、オンラインデモも大歓迎。

ご予算検討、見積・価格お問い合わせはこちらへ。お気軽にどうぞ!


お客様の興味・関心を教えてください

いま、みなさんの興味や課題、関心はなんでしょうか?是非お聞かせください。

「お客様の声 – Voice of the Customer(VOC)」にお応えする企画を発信してまいります。


        プルーフテクニック株式会社

        〒240-0006 神奈川県横浜市保土ヶ谷区星川3-3-29 星川三丁目ビル
              TEL:045-444-8812 FAX:045-444-8813


Email Marketing by Benchmark